SJCDとは

京都亀岡 石川歯科 >歯科用CT装置

SJCDとは

歯科治療で大切なことは「正しい診断」と言われています。
当院では、今まで以上に精密で正確な診断をするために歯科用CTスキャンを導入いたしました。



歯科用CTスキャンのメリットとしては、通常のレントゲン写真と違い3次元での解析ができるるため、より正確に精密な診断が可能になります。また、院内にCTスキャンがあることにより、撮影⇒解析⇒診断が格段に迅速になり、患者様の負担とドクターの初期診断のスピードが速くなり、治療がより円滑に行うことができます。

歯科用CTスキャンは、インプラント治療だけでなく歯周病、根管治療、親知らずの抜歯、矯正歯科などすべての歯科治療において有効であります。そのため当院では、より正確で精密な診断をするためには歯科用3次元CTスキャンは必要不可欠と考えております。

歯科用CTスキャンはコンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。主に、インプラント治療や親知らずの抜歯、歯周病治療などの治療に用いられます。
3次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマ X 線写真や口内法 X 線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

従来の歯科治療では X 線写真による2次元的な平面での診断しかできませんでしたが、歯科用CT の登場により3次元の立体画像での撮影が出来るようになり、より精密で高度な診断が可能になりました。
特に今までレントゲンでは正確に細部までわからなかった骨質、骨の高さ、骨の形状まで正確に撮影することが可能になり、より正確な診断、質の高い治療が実現できるようになりました。
また、歯科用CTは医科用CTにくらべ撮影時の放射線量が格段に抑えられています。
最大のメリットとしては、今まで大きな病院にしかなかったCTがかかりつけの歯科医院でCTによる診査、診断、治療ができることです。

 

実際に当院で撮影したCTの診断とデンタルレントゲンの違い1

 

実際に当院で撮影したCTの診断とデンタルレントゲンの違い2

 

石川歯科医院
京都府亀岡市追分町馬場通21-12 石川ビル4F
TEL:0771−22−8666
診療時間 9:00〜12:30 / 2:00〜7:00