予防歯科治療

京都亀岡 石川歯科 >症状別診断 (歯並びが悪い、隙間がある)

歯の変色、汚れが気になる


◆ 歯と歯の間に隙間が空いている

歯と歯の間に隙間が空いている場合様々な原因が考えられます。
審美歯科治療で隙間をなくすケースが多いですが、症状によってはプラークコントロールをするだけで歯ぐきがしまって隙間を無くすこともできます。
審美補綴
歯周病治療
ラミネートベニア

◆ 歯並びが悪い

歯並びが悪ければ、かみ合わせも悪いので、全身の健康に大きく影響を与えます。 それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

歯並びを治すことにより、かみ合わせなどの機能を取り戻すだけでなく、 健康な体と健康的な美しい笑顔も取り戻すことができるのです。


矯正歯科治療
審美補綴

◆ 歯茎が不揃いで、歯の長さがちがう

歯ぐきが歯周炎等で不揃いになってしまうことがあります。このような場合歯の長さも変わってしまうことがあるので、見た目も悪くなってしまいます。 歯周病治療

 

石川歯科医院
京都府亀岡市追分町馬場通21-12 石川ビル4F
TEL:0771−22−8666
診療時間 9:00〜12:30 / 2:00〜7:00